UQモバイルの電波が安定しない場合、auの電波サポートは来てくれるのか?

お役に立てたらシェアをお願いします



最初に言っておきますと、UQモバイルの回線情報だけではauの電波サポートを呼ぶことはできません。

申し込みフォームに折り返しの携帯電話番号を入力する必要があり、これがauの携帯番号でないと受け付けてもらえないのです。

なお、UQモバイルに電波改善を報告・改善要請をする窓口は現在ありません。(webサポート・リアル店舗で確認済み)

ではどうしたかというと、妻がauのガラケー(3G)ユーザーだったので、その番号で申し込みを完了させ、電波サポートの方に来てもらうことができました。

電波サポートの方が来てさえくれれば「KDDIの電波の話」しかしませんから、UQの4G電波状況の話も聞いてくれますし、おそらく対策も講じてくれます。

私のUQの電波状況は以下の通り(使用機種はSIMフリー版iPhone7)。

気がつくとアンテナ1本になっていて、しばらく見ていると3-4本に復活。また気がつくと1本になっていて、放っておくと3-4本に復帰。一日に何度もこれを繰り返す。

ほとんどの時間は3-4本で安定しているのですが、通話着信がされなかったり、通話中に切れてしまうことが度々あったため、今回電波サポートの方に来ていただくことにしました。

多分、着信のロストや通話が切れてしまうのは4Gがこのように不安定な時なのだと思います。

データ通信が時折不安定なだけならまだいいのですが、VoLTEでは通話にも影響しますから、それは困ります。(UQモバイルは3Gを掴みません)

電波サポートの方は専門のキカイを持ってKDDIの電波を調べに来てくれます。

「私はauではなくUQです」と前置きした上で状態を伝えます。

auだろうがUQだろうが、KDDIの電波なので話を聞いてくれますし、現在の電波状況や対策についても説明してくれます。



うちの場合の電波状況はこうです。

プラチナバンドはめっちゃよく掴むが、中途半端なエリアにあるバンド1を時折掴んでしまい、その時にアンテナピクト1になってしまう。

ということらしい。

プラチナバンド(800MHz帯/バンド18,26または700MHZ帯/バンド28)で安定していてくれればいいのですが、主力周波数でありより高速なバンド1(2.1GHz帯)があると優先的に掴みにいってしまうそう。そのバンド1がうちの場合不安定なため、掴みにいっては不安定→プラチナバンドに戻る…これを繰り返して上述のようなアンテナピクト表示になり、通話にも影響を及ぼしているそうです。

バンド1(2.1GHz)を掴んでしまうと不安定に。バンド41(2.5GHz/WIMAX)も状態が良くないことが多い模様。

そして問題はその後の対策ですが、電波サポートの人曰く「どう対策するか具体的に今すぐには言えないが、この状態を脱するべく何らかの措置は必ずとる」とのことでした。

そして、講じた対策についての報告も(時間はかかるが)行ってくれるとのこと。

まだ報告は受けていませんが、電波サポートの方が来てくれてから2週間もしないうちに明らかに電波の状態が良くなりました。まだアンテナ1本になってしまうことも希にありますが、頻度は激減しました。

電波サポートの方が来てくれた日にもアンテナ1本状態を見せられたくらい、頻繁に起こっていましたが、今はアンテナ1本状態を見つけるのが難しくなっています。

フィールドテストモードで確認してみると、現在、大抵は以下のようにバンド28か18で安定していることが多く、電波が弱いときはバンド1(2.1GHz)かバンド41(2.5GHz/WIMAX)の時のようです。

つまり、不安定なバンド1が到達しづらくなって、プラチナバンドで安定するようにしてくれたということなんでしょうか?(バンド28エリアを強化してくれたとか?)



将来的にはバンド1などの高速な周波数を安定して掴んでくれればいいですが、今はプラチナバンドを安定して掴んでくれる方がありがたいので、この方が助かります。

裏技?ではありましたが、電波サポートの方、わざわざお越しいただきありがとうございました!

願わくば、UQユーザーにも意地悪することなく申し込めるようにしていただけるとありがたいです。

UQモバイルに落ち着くまで色んな格安SIMを使ってきましたが、劣化することなくサービス向上に努めるUQモバイル。2年以上使っていますが不満がないので乗り換えるつもりはありません。

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアをお願いします

フォローする