夏の強烈な日差しに帝人素材のサンシェードが効く!

お役に立てたらシェアをお願いします

2018の夏から我が家で使用しているサンシェード(遮熱シェード)の話。

「テクセット」という会社が製造している帝人(Teijin)製の素材を使ったUVカット率・遮光率共に99.99%カットのすごいヤツ。

これ、本当に良いです!

『UVカット率99.99%』は半端ないです。

うちは家が南西向きで、夏は午前から東に日差しが入り始め、午後から夕方には西日が差し込みます。

真夏はかなりの日差しで室内の温度が上昇します。冷房は欠かせませんが、降り注ぐ日差しをカットできればもう少し省エネになるはず。

(そのぶん、冬はとっても暖かく、天気の良い日は一日中あったかで良いんですよ〜)



そこでネットで色々調べまくった結果購入したのが、この帝人素材の遮熱シェード。

光がほぼ透過しないので、室内はやや暗くなりますが、窓に対して庇(ひさし)のようにして使うことで、下からの反射光がちょうど良く入り不便はありません。

それより何よりその遮熱効果。この影に入れば、全く暑くありません。

これを日差しのある窓に張ってやれば、体感温度はシャレ抜きで-8°〜-10°くらい違うんじゃないでしょうか。

取り付けは、付属のフックをサッシの桟(さん)に挟み込んで使います。

この取り付け方法がサッシを傷めるんじゃないかと気遣いましたが杞憂でした。

我が家では2つの窓にこれを張っていますが、最初は値段もそこそこするし、疑って一枚だけ購入したんです。でもワンシーズン過ごしてみてその効果を体感。追加でもう一枚購入した次第です。もう室内温度が全然違います。

冷房の電気代は相当な節約になると思いますよ。

他の部屋では室内を遮光カーテンにしていて、それでも多少の効果はあるのですが、やはり外側で『遮光・遮熱』すると絶大な効果がありますね。ハッキリ言って雲泥の差です。

お薦めしておいてアレですが、もう製造していないのか、あまり売っていないようですね。残念。

この手の商品は実際に暑くなり始めると品薄になったり、値上げされたりするので、オフシーズンに買っておくのが吉ですね。

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアをお願いします

フォローする