AlfaOBD でデュアロジックとクラッチのキャリブレーションをやってみた(FIAT PANDA3)

お役に立てたらシェアをお願いします

PANDA3を中古で買ってから2年近くが経ち、発進時の半クラッチのとき「ドドドドド」と振動する度合い(ジャダー?)が大きくなってきた気がするので、クラッチのキャリブレーションをやってみました。

ついでに、最近シフトのタイミングが下手だな、と思うことがあったので、デュアロジックのキャリブレーションもやります。

私は素人です。これらを実行することや実行後の結果によって、最悪、走行不能になるかもしれません。また、やり方や解釈が間違っている可能性も大いにあります。何が起こっても当方は責任を負いません。自己責任において行ってください。

今回使うのはAndroid版AlfaOBD(有料版)と、Amazonで買ったOBD2車両診断ツール(スキャンツール)wifi版です。スマホはドコモのXperia SO-01Gを使っています。

始めに断っておくと、Amazonやヤフオクなどで売っているOBD2スキャンツールと称するドングルには様々な種類が出回っていて、ドングルそのもの出来や相性問題もあるようで、今回やったとおりに実行出来るとは限りません。

私が使ったドングルは、以前iPhone用のOBD診断アプリで使うために買ったwifi版(wifi版しかiOSに対応していなかったため)です。Androidで使う場合はBluetooth版の方が接続の問題が出にくいようですので、Amazonのレビューなどをよくご覧になってから購入されることを強くお薦めします。



AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション私が使っているのはこれ。Amazonでは現在全く同じ物の取り扱いはないようです。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーションドングルを刺す場所は運転席右側のカバーを外したところ。四角の中がOBD2コネクタ。

AlfaOBD Ver 2.1.3.1

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーションabout 画面。

起動したら、まず初期画面右上の歯車のマークから対応するデバイスを指定します。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

「Interface」から私が持っているドングルの場合は「OBDLink WLAN」を選んでいます。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

スマホとドングルをwifiで接続します。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

「My car」からFiat PANDA 2012(Type 319)を選びます。…319?
そして、その下のSELECT FUNCTIONは「GEARBOX」を選択、SELECT CONTROL UNITには「Marelli SELESPEED CAN」が選択できます(年式によっては違うかもしれません)。

ECUに接続します。
「Connected to Automatic gearbox…」となれば接続成功。

接続したら、右下のメニューの右から二番目をタップ。
注意書きにあるとおり、アイドリングストップは停止にして、キーをONにしておきます。



まずは、デュアロジックのキャリブレーション。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

Active Diagnostics画面から「End of line/service self-calibration」を選択。
この時、エンジンはOFFで、ギアはニュートラルにしておきます。実行することにより変速の学習データのようなものは多分リセットされると思います。

「START」をタップすると、勝手にギアチェンジ動作が始まり、1分ほどリバースと1速〜5速をカチャカチャやって終了。おもしろーい。
「Procedure completed. Selftunting OK」と表示されれば多分終了だと思います。

次にクラッチのキャリブレーション。

キャリブレーションというか、この機能はクラッチを交換した時などにやるもののようで、現状の状況に合った調整が行われるのかよくわかりません。でもやります。

こんどは「Clutch self-calibration enable」を選択。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

この時も、エンジンはOFFで、ギアはニュートラルです。
「START」をタップし「Started. Please wait…」となったら、エンジンをスタートします。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

アイドリング音でほとんど聞き取れませんが、わずかに『カチッカチッ』何か機械音が聞こえます。
その後30秒程度経過すると「Started. Please wait…」から「Procedure completed. 6th selection threshold:」に表示が変わり、多分これで終了だと思います。エンジンを切ります。

AlfaOBD で FIAT PANDA3 クラッチとデュアロジックのキャリブレーション

テスト走行してみましたが、走り出しの「ドドドドド」という振動が和らいだ気がします。元々、それほど酷く振動していたわけではないので気のせいかも。マニュアル車でも半クラッチの時には「ドドッ」となるやつがありますしね。…ない?

気分的には発進時の「ドドドドド」の振動が少しでも和らげば(またはそのように感じれば)オールOK。もちろんシフトタイミングも極めてスムーズ。デュアロジックとしては、ね。

次回はもっと酷くなった状態でやってみたい気もしますが、それまでやらずに我慢できるかな。

ところで、このAlfaOBDですが、無料版もありますが、有料版でないとキャリブレーションが行えません。有料版であっても、診断の種類によってはドングルに特別なケーブルを挟まないと実行できない物もあります。

私が持っているものと全く同じドングルはもうAmazonでは扱っていないようですが、酷似したルックスのものはありますね。
ちなみにiOSで他のソフトで使うために、今回使った物とは違うものを一つ購入していますが、それは上手く動作しませんでした。もはや運と賭けですね…。

下で紹介している物が動作する保証はありません。

最後にもう一度言いますが、自己責任でお願いします<(_ _)>

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアをお願いします

フォローする