黒カビがほぼ消えた!サッシのゴムパッキンやコーキング部のカビ取りにはコレ!

お役に立てたらシェアをお願いします

我が家も築20数年。

お風呂場や結露の多い窓のゴムパッキンや、キッチンのコーキング(シーリング)、タイルの目地などに根強く生えた黒カビに悩まされておりました。

黒カビになる前の、赤い状態、緑の状態、茶色の状態。何色であれとっても気分が悪い。

一応、以前からカビ部分には「カビ○○」やら「バス○○」やら、一般的なカビ掃除洗剤は使ってみましたが、色が薄い状態のカビに多少の効果はあるものの、最終形態である漆黒の根深いカビには刃が立ちませんでした。

ですが、この度、Amazonで評判の「かびとりいっぱつ【業務用 かびとり】」なる商品を試したところ、しつこい黒カビも商品名通り一発で綺麗になりました!

コイツは激しくオススメですよ!

軽く粘度のあるジェルで塗りやすいです。垂直部分に塗ってもかろうじて垂れてこない程度の粘度です。

主成分は「次亜塩素酸塩」。これが主成分のカビ取りであれば同様の効果が期待できそうですが、濃度にもよると思うので、今回の「かびとりいっぱつ」はアタリ商品でした。

一般的な「カビキラー」や「ハイター」系も主成分は次亜塩素酸塩ですが、イマイチ成果が上がらないので、やはり配合濃度の違いなのでしょう。

使い方は、黒カビ部分にジェルを塗って数時間から一日放置するだけ!擦ったりはしません。(その後水ぶきや水洗いが必要)

酷いカビには長時間放置する必要がありますので、あまり薄く塗り広げると乾燥してしまいます。

内容量もたっぷりありますし、ケチらずこんもりと盛ってやりましょう。

注意点としては、皮膚に付くと荒れるので、付かないように気をつけるか、手袋をしましょう。

また、「臭いもほとんど感じません」と書かれていますが、それなりに塩素臭がします。換気しながら使用してください。

あと、布地に付くと速攻で色落ちするので、付着しても問題のない着衣で実施するといいと思います。

まずはサッシのゴムとコーキング部にひどくカビが生えたバスルームの窓で試してみました。

この程度ならまさに一発でこの通り!

もっと酷いところでも試してみます。こちらはコーキング部が真っ黒です。漆黒です。

かなり深く染みこんだ黒カビもここまで落ちる!なんてこったい!

さらに極めつけ!もっと酷い、「さすがにこれは無理だろう」と諦めていたキッチンのシンクのシーリング部

黒いコーキングではありません。グレーのコーキングがすっかり元通りに!!すごくないですか?

外周ほぼすべて真っ黒なので、カビにたっぷり行き渡るよう、こんもりと塗りたくってやります。

そして、8時間くらい放置した結果がこれ↓

ほとんどなくなっています!まだ少し部分的に残っているのでもう少し放置します。

ゲルが透明(若干ピンク)なので、カビがどの程度除去されているのか、途中で経過が分かるのがいいですね。

このように、真っ黒く染みこんだように見える酷いカビでもスッキリ綺麗になり、「今までのカビ取り洗剤は一体何だったの?」と思えます。

一般的なカビ取りに比べると多少値が張りますが、量がたっぷり入っていることや、効果の少ない安いカビ取りを何度も購入することを考えれば安いですよ。一回で確実に除去できますから。

私は始め疑って185g入りの物を購入したのですが、500g入りと大して値段が違わないので、家中にターゲットがある場合は最初から500gを買ってしまった方がいいと思います。

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアをお願いします

フォローする