大人はこども https://blog.mito.me すきなことだけ、すきなものだけ。すきなときに書くブログ。 Sun, 26 Jan 2020 13:06:51 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.3.2 https://blog.mito.me/wp-content/uploads/2016/11/cropped-favicon-32x32.png 大人はこども https://blog.mito.me 32 32 HONDA ADV150の本体とアクセサリーカタログはこんな感じです https://blog.mito.me/adv150-catalog/ https://blog.mito.me/adv150-catalog/#respond Sun, 26 Jan 2020 11:58:38 +0000 https://blog.mito.me/?p=4299 HONDA ADV150の本体とアクセサリーカタログ

私が国産スクーターを買うならこれ一択、お財布事情以外、悩む必要なし。

HONDA ADV150!

正規で日本導入とはありがたいですね。税込451,000円とスクーターにしては強気な値付けが気になりますが、カッコイイので仕方なし。

そんなイケメンADV150本体のカタログと、アクセサリーカタログ(カスタムパーツ・オプション)をもらいましたので、貼っておきます。(PDFにしたかったのですが、やり方が分からず1ページずつの画像です…)

武川・モリワキなどのマフラーやスクリーンなどの専用パーツもすでに予告されていますね。

ADV150本体カタログ





ADV150カスタマイズパーツカタログ



このカタログはホンダのADV150公式ページから取り寄せできます。

 

]]>
https://blog.mito.me/adv150-catalog/feed/ 0
コンセプトと比較 CT125 新型ハンターカブ 販売モデル初披露! https://blog.mito.me/compare-actual-ct125/ https://blog.mito.me/compare-actual-ct125/#respond Wed, 22 Jan 2020 16:05:56 +0000 https://blog.mito.me/?p=4285 販売店向け商品説明会にて披露されたという、新型ハンターカブCT125の市販車のお姿。
(画像はWEBヤングマシンさんから)

個人的には『だいぶ変わったな』というのが第一印象でした。

↓こちらがコンセプトモデル

大枠のコンセプトは継承しつつ、細部はだいぶ違うのが分かります。

大きく違うのはマフラー周りとシート下周りの造形の違い。そして、タンデムステップの追加と、C125にはなかったキックペダルまで装備。

タイヤのタイプも違いますし、コンセプトではワイドリムなのか、偏平具合も異なり、少しおとなしめに。

個人的に最も気になるのはエキパイの取り回しと、その存在感でしょうか。おそらく安全上の配慮かと思いますが、エキパイ・サイレンサーがより車体にぴったり沿うように配置され、やや大仰なヒートガードに覆われています。タンデマー用に追加されているのか、更に黒いヒートガードあります。これは「気に入らなかったら取ってください」と言わんばかりですね。

この配管レイアウトにより、サイレンサーに角度が付いてしまっているのが少し残念です。コンセプトのような、良い意味で大雑把な配管と、水平に近いサイレンサー配置が良かったです。好みの問題かと思いますが「まとまり過ぎちゃった」というか。

この「まとまりすぎ」により「身軽さ」が少々損なわれ、本体中心部(エンジンからシート下にかけて)の鈍重感が気になります。繰り返しになりますが細身のノーマル風タイヤも惜しいポイント。

メインカラーであろうレッドの写真が出てきたらまた印象は変わると思いますが、今のところ私はコンセプトの興奮からは少し冷めて、興奮度88%くらいに落ち着きました。

反対側の写真がないのでハッキリはわかりませんが、シート下のカバーの盛り上がりなどを見ると、エアクリーナー・ダクトのレイアウトはコンセプトを踏襲していそうですね。



何度も見ていると印象も変わってきますし、どうこう言っても実車を見たらイチコロかもしれません。

もちろん発売が楽しみなことに変わりはありません。

 

予想発売時期は2020年6月頃、予想価格は44万円前後とのことです。

やっぱり高い!けど、しょうがない…かな?

こうなるとクロスカブ110のほうが愛嬌があって手頃で、身の丈に合っていると言えなくもない。

 

本当に出ましたよ『新型ハンターカブ』(一応コンセプト)が。それも夢じゃないかと思えるほどの完成度でッ! 第46回東京モーターショーで世界初...
]]>
https://blog.mito.me/compare-actual-ct125/feed/ 0
モンキー125(Monkey125 JB02)カスタムパーツ・アクセサリー・オプション集めました https://blog.mito.me/monkey125-parts-matome/ https://blog.mito.me/monkey125-parts-matome/#respond Sun, 19 Jan 2020 15:02:03 +0000 https://blog.mito.me/?p=1674

HONDA モンキー125(Monkey125)の社外カスタムパーツがだいぶ出揃ってきましたね。

いまだ、とち狂って買ってしまいそうな魅力に悩まされています。おカネがあったらきっと購入していたでしょう。

おカネ以外の理由で悩んでいるあなた!大丈夫、間違いなく楽しいバイクですよ。女性にも乗って欲しいですねぇ。

そして、うらやましいオーナーのみなさま、積極的にカスタムに散財して日本経済に貢献しましょう…じゃなくて、自分仕様に大いにカスタマイズしちゃいましょう!

 

 

マフラー

SP武川(TAKEGAWA) BASICマフラー(政府認証)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) BASICマフラー(政府認証)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) BASICマフラー(政府認証)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) BASICマフラー(政府認証)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) BASICマフラー(政府認証)

 

『モンキーはアップマフラーが似合う』と思っていても、ダウンマフラーも見ちゃうと手を出したくなっちゃいますね! この武川BASICマフラーは本体に対してバランスが良いので付けやすそう。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) P-SHOOTER

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) P-SHOOTER

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) P-SHOOTER

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) P-SHOOTER

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) P-SHOOTER

お、P-SHOOTERがモンキーにも登場。独特なヴィンテージスタイルのサイレンサーが、ツボの人にはたまらないかも。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー シルバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー シルバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー シルバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー シルバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー シルバー

ダートトラックスタイルをモチーフにした、アルミ製ショートサイレンサーが軽快なイメージ。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー ブラック

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー ブラック

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー ブラック

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー ブラック

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) トラッカーマフラー ブラック

同じくこちらはブラックモデル。チョイ悪風味が加わる?

 

 

SP武川(TAKEGAWA) スポーツマフラー(ノーマルルックスタイル)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スポーツマフラー(ノーマルルックスタイル)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スポーツマフラー(ノーマルルックスタイル)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スポーツマフラー(ノーマルルックスタイル)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スポーツマフラー(ノーマルルックスタイル)

なんとノーマルルックとな!分かってますね武川さん。見た目はそのまま、出力性能とサウンドだけカスタムなんて素敵じゃないですか。

エキパイ、サイレンサー共にスチール製。ノーマルのヒートプロテクターとマフラーエンドを流用するようです。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) テーパーコーンマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) テーパーコーンマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) テーパーコーンマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) テーパーコーンマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) テーパーコーンマフラー

コンパクトに纏め上げたテーパーコーンオーバル形状。サイレンサーエンドも個性的〜。
攻めたスタイルを目標にするなら良いんじゃなーい?

 

 

SP武川(TAKEGAWA) RSスポーツマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) RSスポーツマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) RSスポーツマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) RSスポーツマフラー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) RSスポーツマフラー

武川がユニークなツインテールパイプのマフラーを発売しました。ダーティなツインテールパイプが個性的で目の付け所は非常にいいと思うのですが、それだけにイマイチ詰めの甘いマフラープロテキターのデザインが個人的には気になります。

プロテクターカラーがブラックとメッキの二種類から選べます。

 

 

モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ZEROフルエキゾースト

モリワキもいち早く参戦!サイレンサーはチタン製(ANO)とステンレス製(SUS)があります。

 

 

モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) MEGAPHONE

エキパイ・サイレンサー共にステンレス製。ブラックいいなー。

 

 

ヨシムラ(YOSHIMURA) 機械曲 GP-MAGNUMサイクロン TYPE-Down EXPORT SPEC 政府認証

モンキー125(JB02) ヨシムラ(YOSHIMURA) 機械曲 GP-MAGNUMサイクロン TYPE-Down EXPORT SPEC 政府認証

モンキー125(JB02) ヨシムラ(YOSHIMURA) 機械曲 GP-MAGNUMサイクロン TYPE-Down EXPORT SPEC 政府認証

出ました定番ヨシムラ!バランスがいいですね。

サイレンサーの材質が以下から選べるようです。
SS(ステンレスカバー)、SSF(サテンフィニッシュカバー)、STB(チタンブルーカバー)、SC(カーボンカバー) R-77Sタイプもそのうち出るかな?

 

ヨシムラ(YOSHIMURA) Slip-On GP-MAGNUMサイクロン EXPORT SPEC 政府認証

モンキー125(JB02) ヨシムラ(YOSHIMURA) Slip-On GP-MAGNUMサイクロン EXPORT SPEC

モンキー125(JB02) ヨシムラ(YOSHIMURA) Slip-On GP-MAGNUMサイクロン EXPORT SPEC

GP-MAGNUMサイクロンにアップタイプのスリップオンも登場。値段的にあまり差がないようなので、パフォーマンスを考えたらフルエキ(ダウンタイプ)の方がいいかな?

 

 

YOSHIMURA ヨシムラ 機械曲 ストレートサイクロン 政府認証

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ 機械曲 ストレートサイクロン 政府認証

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ 機械曲 ストレートサイクロン 政府認証

ヨシムラ、すごい勢いで出してきます!今度はストレートタイプです。活気づいてますなぁ!

『出力は全域でスタンダードマフラーを上回り、アクセル開け始めから始まる力強いトルクフィールにより、走り出しから加速性能向上を体感できます!!』とのこと。

こりゃ期待できますね。

 

 

YOSHIMURA ヨシムラ R-77SサイクロンカーボンエンドTYPE-Down EXPORT SPEC

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ R-77SサイクロンカーボンエンドTYPE-Down EXPORT SPEC

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ R-77SサイクロンカーボンエンドTYPE-Down EXPORT SPEC

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ R-77SサイクロンカーボンエンドTYPE-Down EXPORT SPEC

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ R-77SサイクロンカーボンエンドTYPE-Down EXPORT SPEC

これを待っていた方も多いのでは?ついに登場ヨシムラR-77Sサイクロン!
サイレンサーカバーは、サテンフィニッシュ、メタルマジック、チタンブルーの三種類。
発売は2019年12月だそうです。

 

キタコ(KITACO) ソードダウンマフラー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ソードダウンマフラー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ソードダウンマフラー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ソードダウンマフラー

ぶっといサイレンサーはΦ100のオールステンレス。ちょっとデカすぎません?

KITACOのマフラーはGROMのときに真っ先に買ったなぁ。

 

 

OVER オーヴァー ステンオーバル アップマフラー

モンキー125(JB02) OVER オーヴァー ステンオーバル アップマフラー

モンキー125(JB02) OVER オーヴァー ステンオーバル アップマフラー

モンキー125(JB02) OVER オーヴァー ステンオーバル アップマフラー

おっと!OVER RACING(オーヴァーレーシング)から、面白い形状のアップマフラーが登場しました!

ずんぐりしたサイレンサーがキャラに合ってますね。外向きのエンド部もかわいいゾ!

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) TT-Formula RS フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) TT-Formula RS フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) TT-Formula RS フルチタン

オーヴァーレーシングが凄い勢いでマフラーをリリースしてきましたよ!

・チタンエキパイ:φ35-φ50.8
・チタンサイレンサー:300mm(TT-F)
・インナー径:φ50.8
・サイレンサー差込口:φ52(内径)
・重量:約 2.1kg (ノーマル 5.2kg)
・音量:80db (ノーマル 78db)

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) TT-Formula フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) TT-Formula フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) TT-Formula フルチタン

・チタンエキパイ:φ35-φ50.8
・チタンサイレンサー:300mm(TT-F)
・インナー径:φ50.8
・サイレンサー差込口:φ52(内径)
・重量:約 2.1kg (ノーマル 5.2kg)
・音量:80db (ノーマル 78db)

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE フルチタン

・チタンエキパイ:φ35
・チタンテールパイプ:φ50.8
・チタンサイレンサー:90φ×300mm
・重量:約 2.0kg (ノーマル 5.2kg)
・音量:80db (ノーマル 78db)

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE XL フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE XL フルチタン

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE XL フルチタン

・チタンエキパイ:φ35-φ50.8
・カーボンサイレンサー:GP-P/XL φ100×L220
・重量:約 1.81kg (ノーマル 5.2kg)
・音量:81db (ノーマル 78db)

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE フルチタン RS-R

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE フルチタン RS-R

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) GP-PERFORMANCE フルチタン RS-R

・チタンエキパイ:φ35
・チタンテールパイプ:φ50.8
・チタンサイレンサー:φ75/φ100×230mm
・重量:約 1.8kg
・音量:91db

 

 

アウテックス OUTEX.R-STG-C

モンキー125(JB02) アウテックス OUTEX.R-STG-C

モンキー125(JB02) アウテックス OUTEX.R-STG-C

モンキー125(JB02) アウテックス OUTEX.R-STG-C

アウテックスもモンキー125用マフラーが登場しています。 サイレンサーのカラー形状が何種類かあるみたいです。

しかし、この形状に純正のヒートガードを合わせるのは無理があるような気も。

 

 

BEAMS(ビームス)R-EVO

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)R-EVO

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)R-EVO

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)R-EVO

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)R-EVO

ムムー。さすがビームスと言いましょうか、サイレンサーの大きさとか角度とかバランスが絶妙ですねぇ。

品質も無問題なので安心感が違いますね。

写真にあるサイドカバーは今後発売予定だそうです。←発売されました。下の方で紹介してます

 

 

BEAMS(ビームス)CORSA-EVOⅡ 政府認証

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)CORSA-EVOⅡ 政府認証

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)CORSA-EVOⅡ 政府認証

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)CORSA-EVOⅡ 政府認証

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)CORSA-EVOⅡ 政府認証

ビームスからもアップタイプが登場しましたね。やっぱりモンキーにはアップマフラーが似合うと思う。
サイレンサーカラーがヒートチタンとステンレスの2タイプがラインナップされています。

 

 

BEAMS(ビームス)POWER OVAL STD-LOOK 政府認証

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)POWER OVAL STD-LOOK 政府認証

モンキー125(JB02) BEAMS(ビームス)POWER OVAL STD-LOOK 政府認証

BEAMSからもノーマルルックを謳うアップマフラー登場!ノーマルルックと言えるかどうか微妙ですが、二本出しのエンドパイプが萌えますね〜。

 

 

K-FACTORY ステンレス製ダウンタイプフルエキ φ95ステンレスサイレンサー

モンキー125(JB02) K-FACTORY ステンレス製ダウンタイプフルエキ φ95ステンレスサイレンサー

アップ気味のダウンマフラー。ステンレスの光沢が美しい。サイドカバーは無しでOK?

近接排気騒音:81db
加速走行騒音:73db

 

 

K-FACTORY ステンレス製ダウンタイプフルエキ チタン製ヘキサゴンサイレンサー

モンキー125(JB02) K-FACTORY ステンレス製ダウンタイプフルエキ チタン製ヘキサゴンサイレンサー

こちらもアップ気味のダウンマフラー。サイレンサーの断面が六角形でナウいタイプ。

近接排気騒音:81db
加速走行騒音:73db

 

 

AKRAPOVIC アクラポビッチ スリップオンラインマフラー

モンキー125(JB02) AKRAPOVIC アクラポビッチ スリップオンラインマフラー

モンキー125(JB02) AKRAPOVIC アクラポビッチ スリップオンラインマフラー

モンキー125(JB02) AKRAPOVIC アクラポビッチ スリップオンラインマフラー

アクラポのスリップオン。造りがすごい良さそうですね!二本出しってのもオツですよねぇ。

 

 

AKRAPOVIC アクラポビッチ オプションヘッダーパイプ

モンキー125(JB02) AKRAPOVIC アクラポビッチ オプションヘッダーパイプ

これは先のスリップオンに合わせるエキパイですかね。途中の膨張室がトルクアップを予感させます!

 

 

AKRAPOVIC アクラポビッチ オプションヒートシールド

モンキー125(JB02) AKRAPOVIC アクラポビッチ オプションヒートシールド

モンキー125(JB02) AKRAPOVIC アクラポビッチ オプションヒートシールド

うわ、カッコイイ!ここまで来たら、ヒートガードも専用品でしょうよ、そりゃそうでしょ!全部揃えたら幾らになるのよ。

 

 

H2C MUFFLER END マフラーエンド

モンキー125(JB02) H2C エイチツーシー MUFFLER END

カーボンカラーのマフラーエンド。ずいぶん高いけど大丈夫?

 

 

カーボン マフラープロテクター

モンキー125(JB02) カーボン マフラープロテクター

モンキー125(JB02) カーボン マフラープロテクター

メッキパーツが気に入らない、あるいはカーボンパーツ好きにはツボかもしれないマフラープロテクター。カッコイイ。

 

 

カーボン エキゾーストパイプ プロテクター

モンキー125(JB02) カーボン エキゾーストパイプ プロテクター

モンキー125(JB02) カーボン エキゾーストパイプ プロテクター

同じシリーズでエキパイ用もあります。

 

 

H2C エイチツーシー エキゾーストプロテクター

サイレンサーのヒートガード。写真だけでは分かりかねますが、ホイールやエンジンの色と合いやすいかもです。H2Cのパーツはいつ手に入らなくなるかわからないので、欲しい人はお早めにどうぞ。

 

 

H2C エイチツーシー エキゾーストパイプカバー

こちらはエキパイのヒートガード。サイレンサーカバーと同色でお揃いにできますね。

 

 

カバー・キャップ系パーツ

YOSHIMURA ヨシムラ 右サイドカバーSET

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ 右サイドカバーSET

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ 右サイドカバーSET

モンキー125(JB02) YOSHIMURA ヨシムラ 右サイドカバーSET

純正とは違う形状ですが、カラーリングされていることで純正感が高いサイドカバー。取付け用ブラケット・カラー・ボルト類がセットに含まれます。

カラーはレッドとイエロー、それに無塗装のブラックがあります。

 

 

SP武川 R.サイドカバーキット

ブラック

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

 

カーボンプリント

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

 

メッキフィルム

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

モンキー125(JB02) SP武川 R.サイドカバーキット

社外マフラーに交換した場合に露出してしまう、純正マフラー部分にできてしまうスペースをカバーする必須パーツ。マフラー交換を考えている方は即ゲット。

 

 

カーボン サイドアウター カバー

モンキー125(JB02) カーボン サイドアウター カバー

高級感あるカーボンサイドカバー。

 

 

キタコ(KITACO) Rサイドカバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) Rサイドカバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) Rサイドカバー

こちらも社外マフラー装着時に空いてしまうスペースをカバーするパーツ。

でもちょっとこの手作りロボみたいなの、どうだろう…?

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) サイドカバーセット

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) サイドカバーセット

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) サイドカバーセット

OVER RACINGのサイドカバーは左右セット!なのでちょっと高いの。

 

 

BMS-R(ビームス)サイドカバー ASSY

モンキー125(JB02) BMS-R(ビームス)サイドカバー ASSY

BEAMSマフラーにはBEAMSのサイドカバーで。

 

 

H2C エイチツーシー アンダーシートフレームカバー (R)

H2Cのやつ。うわ、高っ!

 

 

K-FACTORY(ケイファクトリー) サイドカバー

おっ、変わった趣のメッキサイドカバー登場。モンキーのキャラクターに合っているかな?

 

 

 

カーボン エアクリーナー カバー

モンキー125(JB02) カーボン エアクリーナー カバー

モンキー125(JB02) カーボン エアクリーナー カバー

モンキー125は結構な存在感のエアクリーナーボックスが付いていますが、そこをカスタムするパーツ。

 

 

H2C エイチツーシー エアクリーナーカバー

標準だと艶消しブラックのエアクリーナー。ここにカラーが入るのは相当なインパクトですね!H2Cのパーツはいつ手に入らなくなるか分からないので、欲しい人はお早めに。

 

 

H2C エイチツーシー エアクリーナーカバー

標準だと艶消しブラックのエアクリーナー。ここにカラーが入るのは相当なインパクトですね!H2Cのパーツはいつ手に入らなくなるか分からないので、欲しい人はお早めに。

 

 

キタコ(KITAKO) アンダーガード

モンキー125(JB02) キタコ(KITAKO) アンダーガード

アルミ製アンダーガード。純正マフラー装着車専用。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

シルバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

 

ブラック

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

 

レッド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

 

ゴールド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

ノーマルだとちょっとチープなメッキパーツなので、アルミ製アルマイト加工のコイツに交換すれば満足げ。

 

 

G-Craft ジークラフト エンジンカバー クラッチカバー

ノーマルだとドーナツっぽいあそこをカバー。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) R.クランクケースカバープロテクター

これ、厚みもなくクセがなくてシンプルでいいですね。私、ピカピカドーナツがあまり好みじゃないのでこれにしときます。

 

 

カーボン クランクケース プロテクター カバー

こちらはカーボン。渋いな。いいな。

 

 

キタコ(KITACO) Lクランクケースカバー

KITACO路線のカクカクパーツで揃えるなら徹底的にいくべし!

 

 

カーボン クランクケース カバー

モンキー125(JB02) カーボン クランクケース カバー

モンキー125(JB02) カーボン クランクケース カバー

あ、これアクセントにもいいですね。

 

 

キタコ(KITACO) タイミングホールキャップセット

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) タイミングホイールキャップセット

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) タイミングホイールキャップセット

ノーマルだと味気ないエンジン・駆動周りをちょっと彩ります。手が出しやすく目立ちすぎないプチカスタム。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ジェネレータープラグセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ジェネレータープラグセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ジェネレータープラグセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ジェネレータープラグセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ジェネレータープラグセット

武川からも。

 

 

 

SP武川(TAKEGAWA) オイルフィラーキャップ

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) オイルフィラーキャップ

手軽なワンポイントドレスアップ。いたずら防止にも。

 

 

キタコ(KITACO) オイルフィラーキャップ

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) オイルフィラーキャップ

キタコからも。こちらは個性的ですね。トルクスレンチ仕様。

 

 

G-Craft Gクラフト フレームキャップ

シートとタンクの間にある穴にはめこむキャップですね。 言われてみれば確かに目立ちますし、何かで埋めたくなる穴ではあります。

この穴にはシートを脱着するネジがあるので、しょっちゅうシートを脱着する人には向かないかもですね。

 

 

カーボン チェーン カバー

モンキー125(JB02) カーボン チェーン カバー

モンキー125(JB02) カーボン チェーン カバー

カスタムするならどこまでも抜かりなく。チェーンカバーまでもカーボンなんてどうですか。お金がいくらあっても足りませんね。

 

 

カーボン ステップホルダー カバー

モンキー125(JB02) カーボン ステップホルダー カバー

モンキー125(JB02) カーボン ステップホルダー カバー

こんなところまでカスタム対象。上から貼り付ける感じでしょうか。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) シリンダーヘッドL.サイドカバー

こういう部分は取り外したことがないのでいじるの怖いな。 取り付けイメージはグロムですかね。モンキーはエンジンがシルバー系なので、またイメージが違います。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットブリーザーカバーセット

これも装着画像はグロムでしょうか。シルバー系のモンキー125にはどうかな?

『装着することでエンジン内圧力を逃がすことが出来ます。』 『タペットブリーザーカバーを装着する場合、オイルキャッチタンクキットの同時装着をお薦めします。』 とのことですが、すいません、ちょっとよく分かりません…。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミ削り出しタペットカバーセット

こちらはただ単にフタを交換するだけのドレスアップパーツですよね? やっぱり、こういうところを開けること自体抵抗があるな…。

 

 

ステップ

OVER RACING(オーバーレーシング) 4ポジションバックステップ

4ポジション
105mmBACK/40mmUP
120mmBACK/50mmUP
110mmBACK/50mmUP
115mmBACK/40mmUP

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アジャスタブルステップキット(ノーマルステップ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アジャスタブルステップキット(ノーマルステップ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アジャスタブルステップキット(ノーマルステップ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アジャスタブルステップキット(ノーマルステップ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アジャスタブルステップキット(ノーマルステップ)

前方から後方まで7ポジション調整が出来るステップキット。なるほど、こういう仕組みなんですね。

 

 

キタコ(KITAKO) ビッグフット

モンキー125(JB02) キタコ(KITAKO) ビッグフット

実は結構人気の足形ブレーキペダル。踏みやすいかもしれませんね。私は要らないけれど。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ステンレスステップジョイント

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ステンレスステップジョイント

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ステンレスステップジョイント

これは、何のために交換するんでしょう?割りピン固定がショボいから、とか?

 

 

ハンドル周り

KITACO(キタコ)ハザード付LハンドルスイッチASSY

モンキー125(JB02) KITACO(キタコ)ハザード付LハンドルスイッチASSY

モンキー125(JB02) KITACO(キタコ)ハザード付LハンドルスイッチASSY

個人的にはバイクにハザードの必要性を感じたことはないんですが、ないよりはあった方がよさそうですよね。パッシング機能も付いてハーネス加工不要のカプラーオン!だそうですよ。

 

 

OVER RACING スポーツライディングハンドルキット

モンキー125(JB02) OVER RACING スポーツライディングハンドルキット

モンキー125(JB02) OVER RACING スポーツライディングハンドルキット

モンキー125(JB02) OVER RACING スポーツライディングハンドルキット

私はモンキー125にはアップなバーハンドルがいいと思いますが、ダウンなセパハンも。

2ポジション 高さ調整で、 -80mm/-90mmにセットできるようです。 ハンドルバー、ハンドルクランプ、トップブリッジ、アップスペーサーのキット。

デザインもいいですね!

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アルミステアリングハンドルパイプ

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミステアリングハンドルパイプ

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミステアリングハンドルパイプ

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミステアリングハンドルパイプ

↑上図で『ノーマル』として記されている寸法はGROMのものですのでご注意ください。

武川のサイトではGROMでの比較しか出ていなかったので、モンキー125の標準ハンドルとどのように違うのかわかりません。

モンキーはグロムに比べてかなりアップハンドルなので、モンキーに付けるとかなりダウンしてしまう気がします。 スイッチ穴開け加工済。ノーマルバーエンドは取付け出来ません。

 

 

プロト EFFEX イージーフィットバー アルミ

モンキー125(JB02) プロト EFFEX イージーフィットバー アルミ

ノーマル比7mmアップ/7mmバックの車種専用ボルトオンハンドルバー。高強度ジュラルミン製。

『取り付けには必ずEFFEX ハンドルバーウェイトを使用してください』とのこと。

 

プロト EFFEX イージーフィットバー[ロー] アルミ

モンキー125(JB02) プロト EFFEX イージーフィットバー[ロー] アルミ

こちらはロータイプで、ノーマル比7mmダウン/7mmフォワード。

『取り付けには必ずEFFEX ハンドルバーウェイトを使用してください』とのこと。

私はノーマルのポジションに違和感を感じなかったのでハンドル変更は不要かな。

 

プロト EFFEX ハンドルバーウェイト

モンキー125(JB02) プロト EFFEX ハンドルバーウェイト

上の『イージーフィットバー』専用のハンドルバーウェイト。

 

SP武川(TAKEGAWA) 2ピースバーエンド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) 2ピースバーエンド

これ、以前私も付けたことがありますが、おもしろい構造でなかなか良かったですよ。

 

 

キタコ(KITACO) ユニオンバーエンドキャップ

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ユニオンバーエンドキャップ

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ユニオンバーエンドキャップ

こちらも2ピース構造のオシャレさん。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アクセサリーバーエンド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アクセサリーバーエンド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アクセサリーバーエンド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アクセサリーバーエンド

ステンレスの質感が美しい、シンプルで高品質なバーエンド。

 

 

キタコ (KITACO) スピナーバーエンド

複雑すぎずシンプルすぎず、鮮やかなカラーでワンポイント追加できるバーエンド。

 

 

モリワキ(MORIWAKI) ハンドルアッパーホルダー

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) ハンドルアッパーホルダー

モンキー125は標準で立派なのが付いてるので、交換するのがもったいない気も。

 

キタコ(KITACO) ハンドルアッパーホルダー3

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ハンドルアッパーホルダー3

これは微妙…。 どうもキタコは手作りロボ風味があるなぁ。

 

 

キタコ(KITACO) ハンドルアッパーホルダー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ハンドルアッパーホルダー

こっちは普通。あ、これは買ったことある!

 

 

SP武川(TAKEGAWA) マスターシリンダーガード

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) マスターシリンダーガード

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) マスターシリンダーガード

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) マスターシリンダーガード

『装着することで万が一の転倒による、マスターシリンダーの損傷を軽減することが出来ます。』とはいいますが、ほぼドレスアップパーツですね。

 

 

モリワキ(MORIWAKI) マスターシリンダーキャップ

モンキー125(JB02) モリワキ(MORIWAKI) マスターシリンダーキャップ

モリワキはロゴがカッチョイイと思います。アルファベットもカナも。あとロゴで好きなのはRPM。ごめん、関係ないこと言った。

 

 

SP武川 ステムナット

モンキー125(JB02) SP武川 ステムナット

モンキー125(JB02) SP武川 ステムナット

モンキー125(JB02) SP武川 ステムナット

モンキー125(JB02) SP武川 ステムナット

ステムナットも地味なルックスしてますから、錆びとかが出てくるとカスタムしたくなっちゃいます。傷つけないように交換してネ。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) フロントフォークトップボルト

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フロントフォークトップボルト

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フロントフォークトップボルト

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フロントフォークトップボルト

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フロントフォークトップボルト

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フロントフォークトップボルト

トップボルト本体とキャップは分割構造を採用することでリアルな形状を演出。雰囲気を味わうパーツで、イニシャルアジャスターではありません。

 

 

キタコ(KITACO) キーボックスカバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) キーボックスカバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) キーボックスカバー

 

 

SP武川(TAKEGAWA) メインスイッチカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) メインスイッチカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) メインスイッチカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) メインスイッチカバー

なんかカッコイイのは分かる。 それにしても、タイで販売されているブルーの車体は日本で発売されないんだろうか。(発売されることになりました)

 

 

 

サスペンション

SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー(車高/減衰調整タイプ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー(車高/減衰調整タイプ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー(車高/減衰調整タイプ)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー(車高/減衰調整タイプ)

車高調・減衰調整付なら、あとから好みに調整できるからいいですよね。 分かっちゃいるけど高いんだなそういうのは。安物買いの銭失いをするか、初めから奮発するか。悩ましい。

 

 

YSS リアサスペンション 335mm

YSSもいいですよね!バネの見た目が乗り心地良さそうじゃないですか?これいいな。 取付長:約335ミリ(約330-340mmに調整可) リバウンド(伸側)アジャスター付(30段階調整可能)

 

 

G-craft Gクラフト モンキー125用 YSS ハイグレードサスペンション 330mm

モンキー125(JB02) G-craft Gクラフト モンキー125用 YSS ハイグレードサスペンション

モンキー125(JB02) G-craft Gクラフト モンキー125用 YSS ハイグレードサスペンション

G-Craft x YSSのコラボ?これ乗り心地良さそう。330mmは+14cmロング〜+20cmロングまで対応。車高調は±5mmまで可能とのこと。

伸び側減衰力25段階
ネジ式プリロードアジャスター

 

 

キタコ(KITACO) リアショック

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) リアショック

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) リアショック

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) リアショック

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) リアショック

プリロード調整無段階、オイルダンパー式。基本的に固そうなのでモンキーのキャラクターに合うかどうか。

こういうの、買う前に試乗させて欲しいですよね。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) リアショックアブソーバー

スプリングプリロード5段階調整。KITACOどう乗り味が違うか試してみたい。

 

 

OHLINS(オーリンズ) リアサスペンション タイプS36PR1C1L

モンキー125(JB02) OHLINS(オーリンズ) リアサスペンション タイプS36PR1C1L

モンキー125(JB02) OHLINS(オーリンズ) リアサスペンション タイプS36PR1C1L

OHLINS…これ本当にいいですよ。当たり前っちゃ当たり前なんですけど。GROMに乗っていたとき奮発して付けましたが、本当に良かったです。乗ってて楽しかったです。 「これこそサスペンションの働き!」と感心しきりだったのを思い出します。

 

 

NITRON(ナイトロン) TWIN SHOCK R3

モンキー125(JB02) NITRON(ナイトロン) TWIN SHOCK R3

さすがにこれは未体験ですが、色がいいですね…。それくらいしか言えないや。

 

 

NITRON(ナイトロン) TWIN SHOCK R1

モンキー125(JB02) NITRON(ナイトロン) TWIN SHOCK R1

リーズナブルでありながらツインショックの基本性能を満たした、ストリート指向モデル。 とはいえねぇ。安くはないですって。2本だからしょうがないのかなぁ。GROMはものショックだったから良かったけど。

 

 

HYPERPRO(ハイパープロ) リアショック T360

モンキー125(JB02) HYPERPRO(ハイパープロ) リアショック T360

おなじみ HYPERPROからもリアショック登場。こちらもなかなか手を出しづらい価格帯ですが、一度体験してみたいメーカーです。

 

 

HYPERPRO(ハイパープロ) リアショック T367

モンキー125(JB02) HYPERPRO(ハイパープロ) リアショック T367

サブタンク付きの、いかにも高性能そうなバージョン。値段もスゴイ。

 

 

フェンダーレスキット

SP武川(TAKEGAWA) フェンダーレスキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フェンダーレスキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フェンダーレスキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フェンダーレスキット

ノーマルライセンスランプ流用、リフレクター付き。

 

 

キタコ(KITACO) フェンダーレスKIT

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) フェンダーレスKIT

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) フェンダーレスKIT

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) フェンダーレスKIT

キタコからは随分とアグレッシブなフェンダーレスキットが。キタコのモンキー125カスタムは独特なアプローチですね。

 

 

 

HURRICANE テールランプkit

モンキー125(JB02) HURRICANE テールランプkit

モンキー125(JB02) HURRICANE テールランプkit

ここまでフェンダーを取っ払うためのテールランプキットがハリケーンから出てます。なかなかノーマルのテールランプを取り除く勇気は出ませんが、これはちょっと興味あります。

ウインカーはブラケットにある穴に汎用品を突っ込むわけですね。

 

 

HURRICANE マッドガード

モンキー125(JB02) HURRICANE マッドガード

モンキー125(JB02) HURRICANE マッドガード

先の同社のテールランプkitを付けた場合に行き場のなくなったナンバープレートの設置場所も兼ねたマッドガード。

このスタイル、いいじゃないですか。モンキー本体のカラーが黒やシルバー系だともっと映えるかも。

 

 

フェンダー

カーボン リヤフェンダー

モンキー125(JB02) カーボン リヤフェンダー

モンキー125(JB02) カーボン リヤフェンダー

メッキパーツを減らすカスタムっていうのも、方向的にはアリだと思うんですよね。そんな希望を叶えてくれるカーボンフェンダー。

 

 

カーボン フロントフェンダー

モンキー125(JB02) カーボン フロントフェンダー

モンキー125(JB02) カーボン フロントフェンダー

もちろん同じくフロントフェンダーもありますが…高いですねぇ。

 

 

H2C エイチツーシー リアフェンダー

モンキー125(JB02) H2C エイチツーシー リアフェンダー

ちょっとスモーキーな仕上げのリアフェンダー。クロムメッキのピカピカをすこし控えめにカスタムしたい方向け。

 

 

H2C エイチツーシー フロントフェンダー

モンキー125(JB02) H2C エイチツーシー フロントフェンダー

同色のフロントフェンダー。 同じシリーズでリアフェンダー、マフラーのヒートガードと揃えれば、かなり渋くなりそうですね!いいかも!

 

 

ライト・ウインカー周り

PROTEC(プロテック) LEDマルチリフレクターヘッドライト

モダンなヘッドライト形状が気に入らない貴兄に。オーソドックスなリフレクター形状になりクラシック感を演出。さらに明るさも大幅アップ。発光色は3000Kと6000Kが選べます。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘッドライトステー

ここをカスタムしたらかなりインパクトありますね!スリムでソリッドなイメージになります。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ブレイズウインカー(4個1セット)

リフレクターがノーマルと違って、点灯時・無点灯時ともにオサレに。 ブレイズウインカー4個、ハイパーLEDウインカーバルブ4個、ソケットハーネス、ワイドレンジフラッシャーリレー、リレーコードがセットになってお得。

 

 

メーター

SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーターキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーターキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーターキット

そうですか!タコメーターないんですか!じゃあ付けるしかないじゃないですか。 純正メーター横に配置出来るステーやハーネス類が付属していて、加工の必要がなく配線もカプラーオンのラクチン仕様。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーターキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーターキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーターキット

こちらは同じくΦ48のタコメーターにデジタル表示がプラスされていて、サーモメーターや時計表示などができるようになっています。照明はオレンジLED。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーター 12500RPM

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーター 12500RPM

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) Φ48スモールDNタコメーター 12500RPM

モンキー125にはちょうどいい回転数設定(もっと低くてもいい)で、デジタル表示もプラスされた最適モデルかも。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) スーパーマルチDNメーター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スーパーマルチDNメーター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スーパーマルチDNメーター

スピードメーター・タコメーター・オドメーター・トリップメーター・メンテナンス走行距離・ギアポジション・時計・電圧計・温度計・燃料計、もう全部入りマルチメーター。バックライトの輝度、カラーも選べます。

取り付けるのが大変そうなイメージですが、レビューを見ると「意外と簡単」という意見もあります。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) コンパクトLEDサーモメーターキット

モンキー125(JB02) コンパクトLEDサーモメーターキット

モンキー125(JB02) コンパクトLEDサーモメーターキット

すごくいい位置に納まるサーモメーターキット。美しいモンキーにヘンテコなステーで取り付けるのはもったいない。 シルバー、ブラック、レッドの3色。外気温計としても使えます。

 

 

駆動系・ブレーキ系

SP武川(TAKEGAWA) スプロケットガードプレート

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スプロケットガードプレート

16T/17Tドライブスプロケットを装着する場合、このスプロケットガードプレートが必要になります。ノーマルドライブスプロケットの歯数は15T。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ドリブンスプロケット 34T(スチール製)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ドリブンスプロケット 34T(スチール製)

ノーマルと同じ34Tドリブンスプロケット。ノーマルのドリブンスプロケットをよく見てください。結構ダサいでしょ?気になったら交換。

 

 

キタコ(KITACO) 速度パルス変換ユニット

ギヤからスピードパルスを拾う車両に有効なスピードメーター表示の補正を行う変換ユニット。スプロケットT数の変更時に使用します。GROM用がモンキー125にも適合するようですが、ABS車は不可となっていますのでご注意ください。

 

 

RK アールケー チェーン GP420MRU リンク数 98

GROMもそうでしたが、標準のチェーンはすぐ伸びてしまうようです。

私のおすすめはRKのシールチェーン。滑らかさ、耐久性ともに格段にアップします。チェーン交換自体はそれほど難しくないのでDIYでチャレンジしてみては?

標準チェーンサイズは420-98リンクとなっています。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アルミビレットレバー可倒式

標準のブレーキレバーって何故か不満を抱きがち。何故だろう。

こういう調整式ブレーキレバーは安物を買うと後悔します。実際しました、私は。

武川の場合はグロムやCBR250R用のものが適合するようです。

 

 

U-KANAYA アルミビレットレバー左右セット

モンキー125(JB02) U-KANAYA アルミビレットレバー

モンキー125(JB02) U-KANAYA アルミビレットレバー

モンキー125(JB02) U-KANAYA アルミビレットレバー

モンキー125(JB02) U-KANAYA アルミビレットレバー

モンキー125(JB02) U-KANAYA アルミビレットレバー

モンキー125(JB02) U-KANAYA アルミビレットレバー

交換用アルミレバーといえば『U-KANAYA』といってもいい、アルミビレットレバーの代名詞。私も買うならU-KANAYAを買います。品質がいいですから。不安なブレーキレバーでは心配で走れませんよね。 U-KANAYAは多彩な形状と、レバーとアジャスターのカラーバリエーションがたくさん選べるので楽しいですね。

 

 

SBS(エスビーエス)ストリートセラミックブレーキパッド フロント用 797HF

モンキー125(JB02 )SBS(エスビーエス)ストリートセラミックブレーキパッド フロント用 797HF

モンキー125(JB02 )SBS(エスビーエス)ストリートセラミックブレーキパッド フロント用 797HF

モンキー125のブレーキの効きはいかがですか?

私がグロムを買ったときは『効きが悪い・効かない』と感じ、すぐにパッドを交換しました。デイトナの赤パッドとSBSを試しましたが、どちらも交換後は格段に効きが良くなり、普段使いには十分でギュッと効くようになりました。 純正の効きに不満のある方は、まずはパッドの交換をお奨めします。

理由はよく分かりませんがABS車には不可となていますのでご注意。

 

 

SBSブレーキパッド(225シリーズ) リヤ用

モンキー125(JB02 ) SBSブレーキパッド(225シリーズ) リヤ用

モンキー125(JB02 ) SBSブレーキパッド(225シリーズ) リヤ用

リヤブレーキパッドはSBSのE225シリーズ「777-0225000」というのがフィットするようです。(キタコの適合ページ

リヤは格別に効きが悪いと聞きますので、そう感じているかたは交換してみてはいかがでしょうか。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) フローティングディスクローター

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) フローティングディスクローター

PCXやグロムと同じ物が流用できそうなので、選択肢はたくさんありそう。

 

 

G-Craft Gクラフト フロントキャリパーサポート フロント

モンキー125(JB02) G-Craft Gクラフト フロントキャリパーサポート フロント

私もグロムの時に使ったG-Craftのキャリパーサポート。精度が高いと思います。こちらはフロント用。

 

 

G-Craft Gクラフト フロントキャリパーサポート リヤ

モンキー125(JB02) G-Craft Gクラフト フロントキャリパーサポート リヤ

こちらはリヤ用。フロント・リヤ共にブラックも欲しいところ。

 

 

NA Metal Craft エヌエーメタルクラフト ブレンボ カニ フロントキャリパーサポート

モンキー125(JB02) NA Metal Craft エヌエーメタルクラフト ブレンボ カニ フロントキャリパーサポート

モンキー125(JB02) NA Metal Craft エヌエーメタルクラフト ブレンボ カニ フロントキャリパーサポート

定番、brembo カニ用のキャリパーサポート。私もGROMでフロントをカニにしましたが、通常走行においては純正のキャリパーで不足はありませんし、気分の問題じゃないでしょうか。

NMCMK-003

 

NA Metal Craft エヌエーメタルクラフト ブレンボ カニ リアキャリパーサポート

モンキー125(JB02) NA Metal Craft エヌエーメタルクラフト ブレンボ カニ リアキャリパーサポート

モンキー125(JB02) NA Metal Craft エヌエーメタルクラフト ブレンボ カニ リアキャリパーサポート

同じくカニ用リヤキャリパーサポート。

NMCMK-004

 

MINIMOTO(ミニモト)フロントキャリパーサポートカニブレンボ用黒

モンキー125(JB02) MINIMOTO(ミニモト)フロントキャリパーサポートカニブレンボ用ブラック

ありました!ブラックのブレンボキャリパーサポート。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) スリッパークラッチキット

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スリッパークラッチキット

急激なシフトダウン時、クラッチを滑らせバックトルクを逃がす後付けスリッパークラッチキット。ノーマル車用、スリッパークラッチのみのキット。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) スペシャルクラッチカバーキット(油圧式)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スペシャルクラッチカバーキット(油圧式)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) スペシャルクラッチカバーキット(油圧式)

・クラッチ操作の駆動が油圧になる
・ノーマル遠心オイルフィルターを付属のオイルスルーナットにして大幅軽量化
・オイルクーラーへのオイル取りだしができる
・同社製スリッパークラッチにもできる

などなど!
えーと…半分くらい分かるような。こういうところまでいじれる人すごい。

 

 

 

吸気系

武川(タケガワ) パワーフィルター

モンキー125(JB02) 武川(タケガワ) パワーフィルター

ノーマルエアフィルターと交換することで吸入効率が向上し、ノーマルエンジンに装着した場合でも低回転から高回転までの全域で出力アップが可能。

 

 

HOTLAP(ホットラップ) ハイパーエアクリーナー TYPE-1

モンキー125(JB02) HOTLAP(ホットラップ) ハイパーエアクリーナー TYPE-1

気になりだしたら気になる、タンク下の巨大なエアクリーナーボックス。こういうのに交換すればスッキリしますね。
吸気系はいじったことがないのでよく分かりませんが、雨の日は大丈夫なんでしょうか。

 

 

HOTLAP(ホットラップ) ハイパーエアクリーナー TYPE-2

モンキー125(JB02) HOTLAP(ホットラップ) ハイパーエアクリーナー TYPE-2

向きが違うだけ?
しかし、ノーマルと比べると著しくスッキリしますね!

 

 

SP武川(TAKEGAWA) エアフィルターキット(ノーマルスロットルボディー用)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) エアフィルターキット(ノーマルスロットルボディー用)

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) エアフィルターキット(ノーマルスロットルボディー用)

武川からもノーマルスロットルボディーに直接装着出来るエアフィルターキット。※ダウンマフラー装着車用

 

 

ウイルズウィン(WirusWin) エアクリーナーキット

モンキー125(JB02) ウイルズウィン(WirusWin) エアクリーナーキット

モンキー125(JB02) ウイルズウィン(WirusWin) エアクリーナーキット

「吸気量調整機構」…ちょっとよく分かりません。

 

 

スイングアーム

G-Craft Gクラフト スイングアーム タイプ:STD(スタンダード)

モンキー125(JB02) G-Craft Gクラフト スイングアーム タイプ:STD(スタンダード)

モンキー125(JB02) G-Craft Gクラフト スイングアーム タイプ:STD(スタンダード)

純正スイングアームと同じ幅で製作されたアルミスイングアーム。 G-Craftのパーツはいちいちカッコイイんですよね。キャリパーサポートとかフェンダーレストか、いいなと思うと結構G-Craftだったり。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) アルミスイングアーム

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミスイングアーム

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミスイングアーム

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) アルミスイングアーム

チェーンアジャスト部分が秀逸な本格アルミスイングアーム。すごい剛性が高そうですけど値段も高いよ!

(GROMに乗ってた頃は「いつかスイングアーム交換したろう」と思ってたけど結局手が出なかったっけ。)

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) スイングアーム OVタイプ スタビ無 STD

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) スイングアーム OVタイプ スタビ無 STD

オーヴァーレーシングからもガッチリしたスイングアーム登場。

 

 

OVER RACING(オーバーレーシング) スイングアーム OVタイプ スタビ付 STD

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) スイングアーム OVタイプ スタビ付 STD

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) スイングアーム OVタイプ スタビ付 STD

さらにスタビライザー付きも。スタビライザーが付くとテンション上がります!

 

 

グラブバー

キタコ(KITACO) グラブバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) グラブバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) グラブバー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) グラブバー

2ケツはできませんが、取り回し時に便利。

 

 

デイトナ(DAYTONA) グラブバー

モンキー125(JB02) デイトナ(DAYTONA) グラブバー

モンキー125(JB02) デイトナ(DAYTONA) グラブバー

デイトナからも定番グラブバー。『車体のラインに沿った取り回しで車両の雰囲気に馴染むデザインを実現』とのこと。

 

 

キタコ(KITACO) サイドグリップ

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) サイドグリップ

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) サイドグリップ

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) サイドグリップ

壁際に寄せて停めるときなどに便利。こちらは左サイドのみのタイプ。

 

 

シート関係

キタコ(KITACO) カスタムシート

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) カスタムシート

カフェスタイルになるシート。作りが良さげ。私は標準のシートのフカフカ派かな。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) タックロールシート

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) タックロールシート

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) タックロールシート

ノーマルシートに比べ、だいぶ薄くコンパクトに。シュッとした印象になりますね!

 

 

 

TWR製 モンキー125用 ローダウン シート (2色) タンデムベルト付き

モンキー125(JB02) TWR製 モンキー125用 ローダウン シート (2色) タンデムベルト付き

モンキー125(JB02) TWR製 モンキー125用 ローダウン シート (2色) タンデムベルト付き

タンデムベルト付き3cmローダウンシート。3cmというとかなりのローダウンですね。
タンデムベルト付きシートだけでは二人乗りしちゃだめですよ。
グロムのタンデムステップが移植できるという話もありますがどうなんでしょう。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) エアフローシートカバー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) エアフローシートカバー

汎用品らしいのですが、思いのほかフィットしてますね。 コミネのこういうやつを使ってましたが、夏場は本当に尻が蒸れなくて重宝しました。

 

 

スクリーン・ミラー

キタコ(KITACO) エアロバイザー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) エアロバイザー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) エアロバイザー

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) エアロバイザー

高さを4段階に調整できるバイザー。 これ見て思ったんですけど、50モンキーみたいにカゴは付きませんね。

 

 

旭精機 ミドルスクリーン

モンキー125(JB02) 旭精機 ミドルスクリーン

見た目は好みが分かれそうですけど、旭風防なので実用性はありそう。

 

 

SP武川 Zミラーセット

モンキー125(JB02) SP武川 Zミラーセット

ミラーケースの中で鏡面部分のみが動くんですって。そんなミラーあるんですね。知らなかった。微調整しやすくていいですねー。

ショートとロングの2種類のアームが付属してるのも○。

モンキー125には、車両に備え付けのミラーアダプターを流用して取り付けるそうです(?)。

 

 

キャリア・バッグ

Honda純正 リアキャリア

モンキー125(JB02) Honda純正 リアキャリア

リュックに入らない形や大きさの荷物を積むなら付けるしかないリアキャリア。

 

 

H2C エイチツーシー キャリア

モンキー125(JB02) H2C エイチツーシー キャリア

モンキー125(JB02) H2C エイチツーシー キャリア

割と廉価なキャリア。デザインは好みだなぁ。ブラックだから錆びにくそうだし。
シートとキャリアの段差はけっこう出来ちゃうっぽいですね。

 

 

デイトナ(Daytona) クラシックキャリア

モンキー125(JB02) デイトナ(DAYTONA) クラシックキャリア

モンキー125(JB02) デイトナ(DAYTONA) クラシックキャリア

クラシック感を重視したパイプワーク。車体のラインに沿った取り回しで車両の雰囲気に馴染むデザインを実現。

見た感じ、純正より若干安定した積載ができそう?

 

 

ENDURANCE リアキャリア

モンキー125(JB02) ENDURANCE リアキャリア

モンキー125(JB02) ENDURANCE リアキャリア

モンキー125(JB02) ENDURANCE リアキャリア

耐荷重6kgの頼もしいキャリア。見た目も他のキャリアに比べて一回り大きいですね。
ごっついメインフレームはΦ22で、カメラとかがマウントできます。

 

 

リアキャリア KN企画

モンキー125(JB02) リアキャリア KN企画

モンキー125(JB02) リアキャリア KN企画

公式サイトでは耐荷重5kgとなっている、けっこう頼りになるヤツ。幅広で使いやすそうですね。デザインもよし。でも塗装が艶ありなのか艶なしなのかがよく分かりません。

 

 

KITACO(キタコ) リアキャリア

モンキー125(JB02) KITACO(キタコ) リアキャリア

モンキー125(JB02) KITACO(キタコ) リアキャリア

最大積載量7.0kgと市販リアボックスの装着を前提とした設計で、スタイル、利便性、実用性をアップするリアキャリア。ボックス付けっぱなしの方はこれで決まりですね!

 

 

Gクラフト フロントキャリア

モンキー125(JB02) Gクラフト フロントキャリア

モンキー125(JB02) Gクラフト フロントキャリア

プレート状のデザインに好き嫌いがありそうですが、人気があるっぽいフロントキャリア。人気の理由は選択肢が少ないからなのか、このデザインがいいのか。

これ使ってフロントバスケット付けたい!

 

 

H2C モンキー125 フロントキャリア

モンキー125(JB02) H2C モンキー125 フロントキャリア

モンキー125(JB02) H2C モンキー125 フロントキャリア

ステーはプレートですが本体はパイプっぽいタイプ。フロントバスケット付けたいよぅ。
(Z50モンキーに乗っていたときに、フロントバスケットを付けていたのでフロントバスケット愛があるんですよね。)

でもこちらは単体でドレスアップアイテムとしてもいいですね。

 

 

G’craft DEGNER モンキー125 専用ステー レザーバッグ セット

オシャレな本革バッグとステーのセット!これカワイイ!キャラにあってるしー。ちょっとだけお高め。合皮の廉価版もあると嬉しいな。

サイズ : 縦24×横30×厚み8(cm)と、A4の書類サイズが入るかな。付属のショルダーベルトで持ち運べるんだってー。いいなー、これにするぅ。

 

 

イモビライザー

Honda純正イモビアラーム

モンキー125(JB02) Honda純正イモビアラーム

盗まれてからじゃ遅いっすよ!盗まれたら出てこないと思った方がいいっすよ! 実際スクーターを盗まれて出てきませんでしたよ私。警察もいちいち能動的には捜してくれませんしね。自分のモノは自分で守るんです。

 

 

そのほか

OVER RACING(オーバーレーシング) エンジンスライダー

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) エンジンスライダー

モンキー125(JB02) OVER RACING(オーバーレーシング) エンジンスライダー

コケちゃう前にエンジンスライダー。ベースプレートみたいなのが、ブラックとシルバーの2色あるみたいです。

 

 

MINIMOTO フォークエンブレムキットHONDA立体エンブレム

モンキー125(JB02) MINIMOTO フォークエンブレムキットHONDA立体エンブレム

モンキー125(JB02) MINIMOTO フォークエンブレムキットHONDA立体エンブレム

モンキー125(JB02) MINIMOTO フォークエンブレムキットHONDA立体エンブレム

これいいっすねぇ。懐かしい。色々いじるのもいいですけど、モンキーならこんなワンポイントだけっていうのもアリだなぁ。 ホーンの移設が必要なようなので、ご購入の際はご注意を。

 

 

キタコ(KITACO) フロントエンブレムキット

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) フロントエンブレムキット

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) フロントエンブレムキット

こちらもエンブレムキットですが、ちょっとMINIMOTOのとはデザインが違うかな?親切なことにホーン移設ステー付属。

 

 

キタコ(KITACO) ホーンスライドステーキット

モンキー125(JB02) キタコ(KITACO) ホーンスライドステーキット

エンブレムを取り付けるためホーンの位置をずらしたいならこれ。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ニーグリップパッド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ニーグリップパッド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ニーグリップパッド

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ニーグリップパッド

ほっぺみたいで可愛い、スクランブラー風タンクパッド。

 

 

SP武川(TAKEGAWA) ヘルメットホルダー

モンキー125(JB02) SP武川(TAKEGAWA) ヘルメットホルダー

別に武川じゃなくてもいい汎用品。 一応、ホンダのカスタマイズカタログに載ってたので。

 

G-Craft ジークラフト スタンドフック

サスペンション固定部を使用したミニマムなスタンドフック。

 

 

キタコ(KITACO) 電源取り出しハーネス

USB電源などの取り出しに便利なハーネス。私もこういうカプラーオンのやつを使います。楽だし安全で確実です。 ヘッドライトケース内から取り出しできるようですね。

 

 

サービスマニュアル

自分でいじるなら、是非手に入れておきたいサービスマニュアル。私も自分でいじる場合は必ず入手してます。

似たような物に『パーツカタログ(パーツリスト)』がありますが、それには各パーツの名称と型番が載っているだけだと思いますが、こちらのサービスマニュアルなら、パーツの構成や構造・ネジの締め付けトルクなどが掲載されていますから、セルフメンテするならこっちがいいです。ちょっと値が張りますが、安全のためにも。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

モンキーらしいカスタムパーツラッシュ!私もいつかモンキー125のオーナーになってみたいなー。

 

通販での車両本体価格

おぅ…ネットだと車両本体もナカナカそそられる価格で販売されているところがあるじゃないですか。ポイントが付きますし、Yahoo!ショッピングだったら5のつく日とかを利用して買ったらお得ですね。

まぁ、後々のトラブルを考えたら近所の行きつけの実店舗がいいんでしょうけども、私なら浮いたお金でカスタムに回したいので、少しでも安いとこで買っちゃいます。国内正規車両ならどこで買っても同じですもの。

 

 

 

]]>
https://blog.mito.me/monkey125-parts-matome/feed/ 0
ITALMOTO Tiquattro125 Scrambler が気になってしょうがない https://blog.mito.me/tiquattro125-kininaru/ https://blog.mito.me/tiquattro125-kininaru/#respond Sat, 18 Jan 2020 15:25:11 +0000 https://blog.mito.me/?p=4191 125〜250ccクラスのバイクにもう一度乗りたい。

この夢は近い将来叶えるつもりです。

そのためにいつも色んな情報を集め、知っていくうちにどうしても気になる一台が。

 

ITALMOTO(イタルモト) Tiquattro(ティクアトロ)125 Scrambler

 

ITALMOTO はイタリアでそこそこ歴史のあるオートバイメーカーらしいです。Italjetなら知っていましたが、ITALMOTOは知りませんでした。



間違いなくバイクは日本メーカーのものがいいと思っています。けど、バイクは「欲しいと思うヤツを買え」とよく言われます。

「日本メーカーのものがいい」と思う理由は、故障しにくい、万が一故障してもすぐに直せる、費用も輸入車ほどかからない、ということだけ。

私がデザインで惹かれるのは外国車が多いです。自動車についてもこれは同じです。

YAMAHA XSR155については相当カッコイイと心底思っていますが。

 

実際に壊れるかどうかは、買って乗ってみないと分かりません。

日本メーカーでも海外メーカーでも、壊れるかもしれないし、壊れないかもしれない。

もし壊れたら費用は海外メーカーの方が多くかかるでしょうけど。

 

実際私は、自動車はイタリアのFIATに何年も乗っていますが、一度も壊れたことはありません。車検でも大きな部品交換などはありません。

ピアジオのベスパに乗ったこともありますが、これも一度も壊れたことはありません。

そもそもFIATもピアジオも世界的に信頼のおけるメーカーですから、当然かもしれません。

ちなみに、どちらも中古で購入しています。

プジョーのSpeedFight2(2スト100ccのスクーター)にも乗ったことがありますが、これはそこそこ調子が悪かった。それでも、SpeedFight2はもう一度乗りたいくらい今でも大好き。エンジンが掛からなくて、「蹴り倒してやろうか!」と思ったこともありましたが、どこから見ても格好良くて、軽くてパワーもあり実に爽快なバイクで、スクーターながら運転するのが楽しかったものです。
今考えれば、きちんとキャブレターの調整をしてやればよかっただけのことじゃないかと思います。

SpeedFight100

 

そんなわけで、夜寝る前に布団の中で考えてしまうくらい、気になりだしたITALMOTO Tiquattro125をおさらいしてみようと思います。

よくある、奇抜なデザインだけど素性の分からない中国製ではありません。イタリア製です。



ITALMOTO Tiquattro125の「いいな」と思わせるところ。

 

まず、デザイン。

バイクはデザインで選ぶ。基本私はそうです。(皆、多かれ少なかれそうじゃない?)自動車も然り。まずデザインと色、ここをパスしないと次の審査に行きません。Tiquattro125は個性的で、細部のディテールもカスタムのしようがない完成度だと思います。

次に大きさ、重さ。

これも重要で、大きすぎず小さすぎないのが理想。感じ方は個人差があると思いますが、乗り出すのが億劫にならないのが私には重要。小さすぎると幹線道路などを走行中に少し不安があるので、サッと乗り出せて安定走行できるちょうどいいサイズ感がいい。Tiquattro125はスリムなタンクながらしっかりニーグリップもできそうで、足つきのいいシート高、ハンドル幅。実物を見ていないのですが、データ上は今のところ満点。

次が乗りやすさ。

これはそのバイクの特性という意味で、エンジン特性や乗車姿勢など、バイクに合わせなくても、自分が理想とするスタイルで乗れるかどうか。多少は合わせてもいいですけど、「楽に乗りたい」と希望しておきながらスーパースポーツには乗らないですよね。すぐにお尻が痛くなる固いシートも私はダメ。
Tiquattro125はその辺も満たしてくれています。ロングストロークでトルクのありそうなエンジンとアップライトなライディングポジション、フカフカで肉厚そうなタックロールシートもナイス。ポジションについては「意外とハンドルが遠く突っ張った感じになる」とどこかで読みましたが、私は手が長い方なので大丈夫かも。

そしてやっぱり価格。

価格が見合っていないと萎えますよね。よほどの富裕層でもない限り、誰でもそうだと思います。造りと価格が見合っていても、必要としていないものに余計なお金は払いたくありません。Fantic CABALLERO Scrambler 125などはかなりツボで、造りも相応のものなのかも知れませんが高価すぎます。ITALMOTO Tiquattro125は本体価格40万ですが、デザインその他を考慮すればギリギリ許容できるラインです。

これが最重要?気分的な問題

最後に気分的な問題で、とことん気に入ってるバイクならば、乗っていて常に気分がいいものです。さらには、それが他に誰も乗っていない、被ることがない(少ない)となると愛着や所有欲をさらに満たしてくれるでしょう。Tiquattro125はそれらを満たしてくれそうです。気分の問題とはいえ、最も重要な要素かもしれません。

サウンドもいいよ!

そうそう、兄弟車として Tiquattro125 CafeRacer というのもラインナップされています。個人的にはスクランブラーがいいと思うのですが、ブラックのサイドカバーや、ダウンマフラーも少々そそられます。

でもやっぱりスクランブラーかな!みなさんはどっちが好み??

 

 

そしてどうしても気になるところ

逆に気になるところももちろんあります。
矛盾するようですが、やはり故障するのではないかという心配が日本メーカーよりあるのは否めず、不安材料として付きまといます。故障した場合の修理もそこら辺でできるわけではありませんし、部品代も確実に高いでしょう。バイクの場合、故障が直接ケガに繋がる可能性が自動車より高いですから、より重要な問題です。ただ、ITALMOTOというメーカーのバイクが果たして故障しやすいのか、今の段階ではよく分からず、オーナーになって初めて分かることなので、考えてもしょうがない…かな。ロードサービスには入っておいたほうが良さそうではあります。



維持費

税金の類いは125ccのくくりであれば違いはありません。気になるのは燃費や燃料ですが、そもそもそんなに125ccで長距離を乗ることはないでしょうが、通勤に使用する場合などはハイオク指定でさらに燃費が悪かったりすると困ります。燃費は所有してみないと分かりませんが、125ccなので極端に悪いことはないと思いたいです。

 

さいごに私が購入を検討しているマニュアルバイク3台でスペック・諸元を比較したのでメモ。

3台とは

  • XSR155
  • モンキー125
  • Tiquattro125

XSR155 モンキー125 Tiquattro125
全長 2000mm 1710mm 1950mm
全幅 805mm 755mm 760mm
全高 1080mm 1030mm 1060mm
ホイールベース 1330mm 1155mm 1350mm
重量 134kg 107kg 126kg
シート高 810mm 775mm 780mm
排気量 155cc 125cc 125cc
ボアxストローク 58 x 58.7mm 52.4 x 57.9mm 52.4 x 57.8mm
最大出力 14.2kw(10000rpm) 6.9kw(7000rpm) 7.2kw(8500rpm)
最大トルク 14.7Nm(8500rpm) 11Nm(5250rpm) 不明
燃料供給方式 FI FI FI
圧縮率 11.6:1 9.3:1 9.2:1
変速機 6速 4速 5速
タイヤ F110/70-17
R140/70-17
F120/80-12
R130/80-12
F100/80-17
R120/70-17
燃料タンク容量 10L 5.6L 13L
製造国 タイ タイ イタリア
価格(税別) ¥390,000 ¥370,000(ABS無) ¥400,000

最大トルクが不明ですが、ロングストロークなので低速トルクがありそうなところは私好みです。

こうしてみると、大きさはシート高と全幅以外XSR155と大差ないように見えます。XSR155はちょっと大きく感じるので一回り小さい方がありがたいんですが。

価格を踏まえ、冷静に考えると総合的にはXSR155が良さそうですねぇ。

実勢価格でいえば、モンキー125はABS無しなら税抜き30万円台前半で購入できますから、手が届きやすい上に国内正規車の安心もあります。

 

 

実車を見なければ始まらない

モンキー125もXSR155も実車を見て跨がってみました。

どちらもそれぞれ本当に魅力のあるバイクです。

Tiquattro125を試乗できるところは見つけられませんでしたが、実車を見ることはできそうなので、一度どこかで見てこようと思います。

 

実車を見てビビッときたら、Tiquattro125一択になっちゃうかもしれません。

 

冷静に判断するか、インスピレーションと勢いで決めてしまうか。

夢だけは膨らみます。

 

]]>
https://blog.mito.me/tiquattro125-kininaru/feed/ 0
新型クロスカブ(2018) イカす!カスタムパーツ・アクセサリー(マフラー多め)CC110(JA45) / CC50(AA06) https://blog.mito.me/crosscub2018-parts/ https://blog.mito.me/crosscub2018-parts/#respond Wed, 15 Jan 2020 14:25:33 +0000 https://blog.mito.me/?p=794 久しぶりに気になる原付が登場しました、HONDA クロスカブ(CROSSCUB)です。 新型は110ccと50ccの二本立てです(前モデルは110ccのみ)。

近所のホンダドリームに問い合わせても、どちらも展示車一切なし。ナカナカの人気らしい。

脚の風防がなくなって、リアフェンダーのアーチがレトロな面持ちとなり、先代よりだいぶハンターカブ(CT110)寄りになりました。

 

110ccと50ccを写真で比較してみると…

 

クロスカブ2018 CC110(JA45)

クロスカブ2018 CC110(JA45)

クロスカブ2018 CC50(AA06)

クロスカブ2018 CC50(AA06)

 

110と50ではホイールサイズとリムカラーが違います(17インチ/14インチ)。

50は110よりフェンダーとタイヤの隙間が広いので、車体の基本構造は同じでホイール径だけが違うように見受けられます。

あとはリヤサスのスプリングとチェーンケースの色も違いますね。

二人乗車可能なためか、110のリヤサスはバネの巻きも異なっていますがサス長は同じようです。

小径ホイールで小ぶりに見える50のほうが可愛いような気がしますが、どうせなら車体もリトルカブみたいに専用に小さくしてほしかったです。実際のサイズ感がわからないので何とも言えませんが。

110は足回りが色々ブラック化されていて引き締まり、よりトレッキング!

売れ筋は圧倒的に110のようですよ。

 

 

それにしても…実車が見られないと思うと、余計気になってしかたない。

なので暇つぶしにカスタムパーツ・オプション・アクセサリー情報を集めてみました。

今のところ各社からのアフターパーツ発売状況はまだまだこれから、って感じですが、ホンダでもらってきた「CROSS CUB CUSTOMIZE PARTS CATALOG」を見ると少なからずカスタムパーツが用意されている模様。

 

【追記】 各社パーツが出揃ってきたようなので随時更新中。各パーツ・オプションどれもかなり人気のようで、物によってはバックオーダー状態もありそうです。

 

ホンダアクセサリーカタログはSP武川・キタコが中心

SP武川とKITACOがホンダのアクセサリーカタログの中では幅を利かせていましたが、その他メーカーからも続々とカスタムパーツが登場しています。楽しくなってきました!

 

TAKEGAWA スポーツマフラー(アップタイプ)

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA スポーツマフラー(アップタイプ) クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA スポーツマフラー(アップタイプ) ハンターカブっぽさを演出した意図はわかりますが、何というか、全体的に雑すぎやしませんかね。ヒートガードのパンチングなデザインが好きな人にはいいかも。

 

TAKEGAWA アップマフラー(政府認証)

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA アップマフラー(政府認証)

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA アップマフラー(政府認証)

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA アップマフラー(政府認証)

TAKEGAWA スポーツマフラー(アップタイプ)と多分同じサイレンサーで、エキパイの取り回しを再考したものかしら?「雑だな」と思っていたスポーツマフラーより洗練されていますね。

 

 

TAKEGAWA BOMBERマフラー

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA BOMBERマフラー クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA BOMBERマフラー 『カスタムしました!』って感じ。間延びしたステーが安っぽくもあり(実際の質感はもちろん違うんでしょうけど)、それがキャラクターに合っているような気もしないでもありませんが…どうでしょう。

 

TAKEGAWA P-SHOOTER

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA P-SHOOTER クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA P-SHOOTER おおう、これは個人的に見た目が好み。サウンドが『ペペペペペペ』みたいな破裂音がしそうで心配な形状ではあります。

 

TAKEGAWA パワーサイレントオーバルマフラー

クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA パワーサイレントオーバルマフラー クロスカブ(JA45/AA06) TAKEGAWA パワーサイレントオーバルマフラー これは好みが真っ二つに割れそう。ものすごいサイレンサーのぶらさがり感。

個人的には…まず付けることはないでしょう。何となく機能性は高そうに見えますけど。 BOMBERマフラーと違ってサイレンサーステーはちゃんと?してる。

 

キタコ (KITACO) クラシックダウンマフラー

クロスカブ(JA45/AA06) KITACO クラシックダウンマフラー これも見た目ナカナカ雰囲気のいいモナカタイプマフラー。でも音がペチペチいいそう。
50cc用と110cc用、両方用意されているのが嬉しいですね。

110用はスーパーカブ110用となっていますが、KITACOの公式ページでクロスカブJA45の公式対応が謳われています。

 

 

キタコ (KITACO) ミニキャブトンマフラー

クロスカブ(JA45/AA06) キタコ (KITACO) ミニキャブトンマフラー

クロスカブ(JA45/AA06) キタコ (KITACO) ミニキャブトンマフラー

武川のP-SHOOTERに似たスタイルですがスリムに見えます。実際の径などはよく分かりませんが、よりシュッとした感じですね。こちらも50cc用と110cc用が用意されているのも嬉しいところ。

 

 

キタコ (KITACO) ステンレススポーティーダウンマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) ステンレススポーティーダウンマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) ステンレススポーティーダウンマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) ステンレススポーティーダウンマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) ステンレススポーティーダウンマフラー

スリム&コンパクト、スポーティなデザインのダウンマフラー。どちらかというと高速向けのセッティングっぽいですね。
こちらは現在110cc向けのみ。

 

 

キタコ (KITACO)  スポーティーアップマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) キタコ (KITACO)  スポーティーアップマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) キタコ (KITACO)  スポーティーアップマフラー

クロスカブ(JA45) キタコ (KITACO) キタコ (KITACO)  スポーティーアップマフラー

キタコからはアップタイプも登場しています。サイレンサーの形状が『ステンレススポーティーダウンマフラー』と似ていますね。KITACOですから安心のJMCA認定品。こちらは110cc用と50cc用が出てます。

 

 

HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 アップマフラー

クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 アップマフラー クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 アップマフラー クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 アップマフラー クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 アップマフラー
こちらはホンダのアクセサリーカタログにはないアフターマフラー アップタイプ。

110(JA45)用しかないみたいです。

これは個人的に一押し!パイプの取り回しやワイヤースタイルのヒートガードなど、ハンターカブ感を非常に再現できていると思います。

ヒートガードはスリットの入った方は純正流用、ワイヤースタイルはオリジナルで、付属しているものとそうでないものがあるようです。

「音質は政府認証マフラーながら丸みのある低音で静かめのセッティングになっています。」とのことなので静かなカスタムマフラーが所望の方にも良さそう。

アツいこだわりを感じるマフラーですね! (見た感じサイドケースが開けるのか心配)

 

HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 ダウンマフラー

クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 ダウンマフラー クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 ダウンマフラー クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 ダウンマフラー クロスカブ(JA45) HOTLAP クロスカブ(JA45) 用 ダウンマフラー
同じくダウンタイプ。これもいいですねー。これならサイドケースも問題ないし。

こちらも110(JA45)用のみ。

ダウンタイプ+純正ヒートガードだとカスタム感がいまひとつなので、こちらならワイヤースタイルで。

アップ・ダウンタイプともに買うならワイヤースタイルヒートガード付きでしょうね。

 

OUTEX.R-SA-UP-PP マフラー

クロスカブ110(JA45) OUTEX.R-SA-UP-PP マフラー クロスカブ110(JA45) OUTEX.R-SA-UP-PP マフラー クロスカブ110(JA45) OUTEX.R-SA-UP-PP マフラー クロスカブ110(JA45) OUTEX.R-SA-UP-PP マフラー クロスカブ110(JA45) OUTEX.R-SA-UP-PP マフラー ↑サイレンサーのヒートガードを外した状態

「最高かよ!」ってな、まんまハンターカブリスペクトなアップマフラーを発見!

OUTEXという、すいませんよく存じ上げないブランドのマフラーですが、一押しだったHOTLAPアップマフラーよりエキパイの取り回しもヨシ、サイドカバーもうまく回り込んで開閉も問題なしですね!

バッフルが取り外し可能とのことなので、政府認証ではないのかな?こちらも110用のみの設定のようです。

これ、見た目はマフラー部門ナンバーワンです。私。

サイレンサーのヒートガードを外したスタイルも楽しげですよね!

 

ナナカンパニー NA-01 ステンレスマフラー

クロスカブ(JA45) ナナカンパニーNA-01 ステンレスマフラー クロスカブ(JA45) ナナカンパニーNA-01 ステンレスマフラー シンプルイズベスト!ステンレスポリッシュ仕上げの美しさが所有欲も満たしてくれますね。

こういった質感というのも、見た目で愛でるパーツには重要なファクター。 控えめでコンパクトなルックスというのもいいものです。

110用のみ。政府認証なので安心。

BEAMS R-EVO

クロスカブ(JA45/AA06) BEAMS R-EVO

クロスカブ(JA45/AA06) BEAMS R-EVO

クロスカブ(JA45/AA06) BEAMS R-EVO

クロスカブ(JA45/AA06) BEAMS R-EVO

ビームスからもマフラーが出ているんですね!カブには似つかわしくないほどの(失礼…)精密な造形美!豪華ですねぇ…。もちろん政府認証。110cc用のみのようです。
※右タンデムステップが使えなくなるのでご購入の際はご注意ください。

サイレンサーはチタン・ステンレス・カーボンタイプの3種類。

 

 

BEAMS パワークラシック キャブトンマフラー 政府認証

クロスカブ(JA45/AA06) BEAMS パワークラシック キャブトンマフラー 政府認証

クロスカブ(JA45/AA06) BEAMS パワークラシック キャブトンマフラー 政府認証

ビームスからはクラシカルなダウンマフラーもラインナップ。質感高し!110用のみ。

 

 

UNLABEL(アンレーベル)ファントレックマフラー

クロスカブ(JA45) UNLABEL(アンレーベル)ファントレックマフラー

クロスカブ(JA45) UNLABEL(アンレーベル)ファントレックマフラー

クロスカブ(JA45) UNLABEL(アンレーベル)ファントレックマフラー

クロスカブ(JA45) UNLABEL(アンレーベル)ファントレックマフラー

アップタイプでありながら、利便性を損なわない配管。ダート走行にも最適。
『走行中も鳥のさえずりが聞こえる静穏性』『朝家を出る時にご近所に気を使わない』という静粛性も持ち合わせた美しいマフラーです。
すごくいい!ダウンタイプもあります。そこそこ値が張るのは仕方ないか…。

 

 

エンデュランス ハンターマフラー

クロスカブ(JA45) エンデュランス ハンターマフラー クロスカブ(JA45) エンデュランス ハンターマフラー