HONDA CBF190TR!アツい小型クラスにホンダから「ネオレトロスクランブラー」

お役に立てたらシェアをお願いします

XSR155が超お気に入りになってしまって色々と調べていると、ホンダも125cc越え250未満クラスにレトロモダン・ネイキッドを中国で投入予定だそうな!

その名は「CBF190TR」

HONDA CBF190TR

おおおーっ!?結構イケメンじゃないっすか!レトロよりスクランブラー寄りの「ネオレトロスクランブラー」的な感じ?

だいぶ凝ったデザインをしていますね!

190cc(実際は184cc)というあまり馴染みのない排気量。KTM DUKE200が欲しかった私としてはなかなかベストな排気量ではあります。

しかし、バイクはデザイン優先で決める私としては、気になるのはその容姿。よーく見ていきましょう。



HONDA CBF190TR

フムフム、なるほどスクランブラー。しかもスイングアームマウントのリヤフェンダー!やってくれるな!

HONDA CBF190TR

アレ?タンク下やサイドカバー周りが左右非対称のデザインですよ!え、本当?

HONDA CBF190TR

いや本当に凝ってますねぇ。スクランブラー好きです。

HONDA CBF190TR

どこもいじるところが思いつかないデザイン。
よく見れば少し気になるのがスイングアーム。もうちょっと凝った造形にして欲しかったかな。ここまで凝ったのに惜しい。

HONDA CBF190TR

ヘッドライトはリング付プロジェクター。全体的に近代的なのでこれはアリですね。
あ、やっぱりシュラウド周りが左右非対称デザインですね。へー!

HONDA CBF190TR

マフラーも野暮ったくなく、車体に集中化したカッコイイデザイン。質感も高い!

HONDA CBF190TR

シートも抜かりなし。幅や厚みもあって長時間でも楽そう。スクランブラーらしいバンプがいいっすね!



HONDA CBF190TR

ブロックパターンのタイヤもよく似合うし!

HONDA CBF190TR

HONDA CBF190TR

フロントサスは倒立フォーク。ブレーキはNISSINの2potキャリパー。CB125/150Rと違ってラジアルマウントではない。
ディスクローターは大径のウェーブタイプ。ABSも当たり前ですね。

HONDA CBF190TR

メーターはイマドキ、可もなく不可もなく、必要にして十分な感じ。シフトインジケーターがありますね。

HONDA CBF190TR

質感はあまり期待できなさそうなダクト状のパーツ。

HONDA CBF190TR

CBR…じゃなくてCBFね。

HONDA CBF190TR

カラーは5種類。黄色いいぞ!いつものホンダの山吹色じゃない。

今さらですが、このバイクは角度によって随分印象が違いますね。



調べた限り、まだスペックがイマイチ正確かどうかわかりませんが、一応載せておきます。参考程度に。

諸元(不正確なところもありそう)
CBF190TR
全長 2,019mm
全幅 822mm
全高 1,983mm
シート高 769mm
ホイールベース 1,356mm
車両重量 142kg
燃料タンク容量 10.5L
最低地上高 150mm
エンジン SOHC 空冷単気筒
排気量 184.4cc
ボア x ストローク 61 x 63.1
圧縮比 9.5: 1
変速機 5速
馬力 12.4kw (16.86PS) / 8,000rpm
トルク 16.3Nm / 7,000rpm
フロントサスペンション 倒立
リアサスペンション モノショック
フロントブレーキ ディスク
リアブレーキ ディスク

出すのが億劫にならない軽快なバイクが欲しい私としては、重量が少しでも軽いことが重要。XSRは134kgとなっていますが、こちらは142kg。やはりちと重いですね。いや、その差8kgですから結構違いますよ。(どちらも全然重くはないですが)

エンジンは若干のロングストロークで馬力抑えめ。
ギア5速って本当かなぁ。まぁ5速あれば十分でしょうけど。

CBF190TRが日本国内に正規で販売されることは望み薄と思いますが、どこかが並行輸入はしてくれそうなので、信用できる販売店経由であれば、欲しい人は購入してもいいかもです。

私は…やはりXSR155の勝ち!

あとは販売価格がどれほどか?
結構な作り込みですし、HONDAですからねぇ。どうでしょうか。

気になるので今後も情報を追いかけていきたいと思います。

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアをお願いします

フォローする